陽だまり日和

夫弁当・料理・掃除・庭作業・ハムスター・猫。

我が家の食について🍴

仲良し(一方的?笑)なブロガーさんからのコメントを
ブログネタにさせて頂こうかと思います(。-人-。)

夫は食べられないものが多いです。
好き嫌いと言うより、会食障害があるため「安全に飲み込めるもの」しか食べません。


もともとは何でも良く食べる人だったらしいです。
20代半ばの時に逆流性食道炎になってしまい「これを食べたら吐いてしまうかもしれない」と考えてしまい、食べられるものが減ったようです。


また、実際に食事をした後、戻してしまったとき物が喉につっかえてしまい、それが今でもトラウマ。
喉に物が詰まるトラウマのせいで錠剤薬も飲めません💦
粉末かシロップを買います(笑)


そして、食べれるものが減ってしまってから夫は友人と食事する機会があり
そこで「食べるの遅いぞー」「まだ食べてんのかー?」と言われ
人と食事をすることが苦痛になったそうです。


人並みの早さで食事ができないと何か言われる。
周りの人に変な目で見られているかもしれない。
でも急いで食べたら喉に詰まるかもしれない。
あとで吐いてしまうかもしれない。
・・・・・・・
それから、外で食事ができなくなってしまいました。
健康診断で身長に対して体重が軽すぎだよ!と問診で言われ「いや、実は・・・」と経緯を話したところ会食障害の疑い・・・後日、別の病院で診断を受けたそう。


私が夫の会食障害を知ったのは同棲を始めてから。
同棲し始めたとき、夫も職場が変わったばかりでした。
「お昼ゆっくり食べる時間がないから少なめがいい」と言われ、デザート用サイズのお弁当箱におかずを2品。ミニミニサイズのおにぎりを1つ持たせていました。
そんなお弁当でもたまに残してきていました。


どんだけお昼休みないの!?ブラック企業?!
と思っていたら「俺、実はさ・・・」と。そこで会食障害があることを知りました。


確かに思い返すと
外食をすることは少なかったような?
個室の店なら何度か行ったことがあるような?


でも家では比較的になんでも食べていました。
ステーキとかも時間はかかるものの、ちゃんと食べます。「早く食べてよ」とか「まだ食べてるの?」とか焦らせないし食べてるところ眺めたりしないから大丈夫なんですって。


今はお弁当箱も普通のサイズです。
全部食べて帰ってきます(*'▽')
職場にも慣れて、車の中か更衣室で一人で黙々と食べているそうです(笑)


職場が変わったばかりの時は誘われて誰かと一緒に食事をすることが多く、そういう時は「食欲ないんですよね~」と言って飲み物だけで乗り切っていたそう💦



食事バランスは考えている(つもり)けど食べれないものなら無理に食べなくてよし✨


私は好き嫌いがなく、なんでも食べます!
食べるのちょーーーー好き!食べるの幸せ!
ただ、同じものを同じように食べれる方が幸せ指数が上がるんじゃないかと考えているので食卓に並んだ「食べられない食材」がどんな食感なら食べれそう?とかは聞いています。
調理によって食べれるものが増えるならそれは幸せなことだと思う。


最近、夫が食べられるようになったのはエノキ。
筋っぽい軸がダメで鍋に入れても、ソテーにしても食べられないのです。


唐揚げにしてみたらどうだろうか?と思いエノキを唐揚げ鶏サイズにバラバラに切って
調味料に浸けておく、スプーンで1口サイズ掬って、天ぷらのかき揚げを作る要領で唐揚げを作ります。
エノキなんだけど、夫はこれなら鳥みたいで良い!と。


別にエノキが食べられなくても死なないけどさ(笑)
「実はこれ、エノキなんだよ!食べれるね」
「ほ~!これならエノキも食べられそうだ」
っていうのが幸せだと思うんだ~



実家にいる時はシチューライス食べておりました!
コショウ少々、振って食べるのがおすすめです♩
最近はジャガイモ大量に入れて米もパンもなしで
シチュー単体で食べることが多いです✨


シチュー食べたくなったので
近々シチュー作ります°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°