陽だまり日和

家事のこと、家族のこと、あれこれ~

あほメンタル

文字、形にしてスッキリしました。
スッキリしたけど、余計に考えてしまうようになりました。


ずっと、ずーーーーっと、悩んでいて。
でも、誰かにペラペラ言えることでもない気がして。


たとえば、
既婚の友人と話していて、夫の愚痴とか悩みとかになったとして。
営みが少ないことを言えば「そんなのウチもだよ~子ども出来てから尚更ね~」って。
子どもいないのに1年もしてないなんて言えんよ(笑)


「Hしたいなら夫じゃなくてもいいんじゃない?」とかも言われたけど。
そういうことじゃないんよ。。。


私は欲求不満なのではなくて。
自分は女として見られていないのではないかって不安なんだ。
夫の身の回りの世話をするだけならロボットでもいいじゃない。



前の記事でも書いたように夫はゲームばかり。
暇さえあればゲームです。
私と話をするときもゲームに目をやりながらね。


私が岡山に来て、仕事を始めてすぐ、
知らない土地
知らない方言
慣れない通勤
質のがらりと変わった仕事内容・・・


色々が重なって、メンタルが崩壊ギリギリでした。
そんな時、夫(当時はまだ彼氏)に色々相談しようとしたら
スマホゲームをやりながら相槌を打たれ。
「ゲームしながらじゃなくて、ちゃんと聞いてほしいんだけど」って言ったら
「俺はゲームしながらでも、ちゃんと聞いているよ」って。


聞いてる、聞いてないの問題ではないような?
あなたに悩みがあって、上司に相談したとして
その上司がスマホいじりながら話聞いてきたら嫌じゃないの?って。


*


その時、すごく悲しくてね。
剃刀で自分の腕を切ったんです。夫の目の前で・・・
でも気づかないんだなぁ、スマホ見てるから。
カーペットに血がボタボタ垂れるのを見てやっと気付いて。
当たり前だけど、すごく怒られました。


それからしばらくはスマホを触らなかったけど。
そう長く続くわけないよね。
私が元気になれば、夫も元通り。
相変わらず、相談があるんだけど・・・って言っても顔はスマホ。


これじゃあ壁に向かって相談してた方がマシだ。。。



色んな思いがある。
ゲームばかりの夫にイライラしたり。
オカンみたいな自分にイライラしたり。
好きに生活させてくれる夫に感謝したり。


*


私は境界性人格障害の診断を受けたことがあります。
もう何年も前の話で、その件ではもう受診していないのですが。


ほんの数分前まで気分が良かったのに、
相手の一言で気分が180°変わってしまうやつ。
相手って言うのは親や夫とか、親しい人。


見捨てられたくないとか、
自分を見てほしいとか、
そんな理由で自傷行為をしたり、薬を多用したりします。
それが相手を遠ざけるっていうのは分かっているんだけどね。
一度スイッチが入るともうダメ。


年齢とともに落ち着いてくるみたいで、
もう暴れたり、夫に迷惑をかけるようなことはしていない。


ただ、
悩むとどうしても・・・


私が死んだら夫は悲しんでくれるんだろうか。
いや、葬儀の次の日は平気でゲームしてるんだろうな。
私が痩せたら抱いてくれるんだろうか。
あの頃みたいにガリガリに痩せたら心配してくれるんだろうか。
(もっと話を聞いてやれば、向き合ってやれば・・・)と後悔してくれるだろうか。


ってバカみたいなことを考えてしまう。


だから食欲がわかない。
食べたら吐きに行ってしまいそうで食べるのが億劫だ。


ああ、あほメンタル。
結局、全然、成長していない私なのでした。


この勢いで書いてしまおう。
薬剤性突発性難聴は鎮痛剤を飲んで突然起きたものじゃないんだ。
塞ぎこんでる時にアスピリンを90錠飲んでなりました。
なんて馬鹿なんでしょうね。愚か者だ。
失うものはあっても、得るものなんてないのにね。


どうかまた、すぐに笑って過ごせますように。