陽だまり日和

猫3匹と暮らしのブログ

7年越しの手紙

こんにちは。


東日本大震災から今日で7年ですね。
私はあの日から、ペンフレンドと連絡がつきません。
岩手県陸前高田市に住む友人です。


その友人とは
私が高校1年生、彼女が中学2年生の時から文通を始めました。
約3,4年間。
学校、親、友人、愚痴、恋バナ・・・色々なことを話しました。
「東京の大学に行きたいから、上京できたら会いませんか?」って手紙が来て、
東京観光!是非しよう♪って盛り上がったこともありました。


*


2013年の春に一度、手紙を出しました。
何度も迷って。誰に話しても「きっと・・・」って言うから。


自分でも、わかっちゃいるんだよ。
でも、
「きっと手紙を紛失してしまって、送るに送れないんだよ」って。
そうだと思い込みたくて。


手紙に返信用のハガキを同封してお手紙を書いたけど、そのまま戻ってきました。


郵便局のホームページには
ご家族の方から転送のお申出があっても、亡くなられたご本人さまの郵便物等を転送することはできません。受取人ご本人さまが亡くなられた場合、ご本人さまあての郵便物等は差出人さまへ返還されます。
と書いてあります。


手紙しか連絡手段がないので、わかんないけど。
本当にそうなのか、わかんないけど。
でもきっとそうなんだよね。


*


「文通だけで・・・」なんて言う人も居たけど。
私にとっては“だけ”じゃないんだよね。
彼女は東京の大学に行って、私と一緒に東京観光する予定だったんだよね。
私、そのときスカイツリー見たことなかったから一緒に見に行って浅草でもんじゃ焼き食べたいなぁとか考えてたんだ。



去年のいつ頃かは忘れちゃったけど
NHKで「漂流ポスト3.11」というポストがあることを知りました。
届かぬ手紙を受け取ってくれるんです。
ここに手紙を出そうと決めていました。


再来年もその次も、自分の中で納得できるまで毎年続けてしまうかもしれない。


*


どこか遠くに居たとしても、あなたに届くといいなぁ。